屋外の引き戸を防火戸にリフォーム

リフォームや火災対策で防火戸を検討する世帯が増えています。
不意の火災が起きたときに、延焼を防ぐとともに煙の噴出を抑制する被害を減少できます。
特に東京23区を始めとする都市部の住宅地では近隣に飛び火することを防ぐのを目的に義務付けられており、リフォームをきっかけに導入されています。
現在では、不通のドアと全くわからないほどデザイン性に優れたものも登場しているため、様々な住宅スタイルに合わせられるようになりました。

屋外の引き戸を防火戸にリフォーム

屋外の引き戸を防火戸にリフォーム 防火戸にリフォームするさいに引き戸スタイルに変更するメリットは、以下に鳴ります。
まず屋外への延焼をふせぐというだけでなく、左右にスライドさせるというシンプルな構造をしているため、指や荷物を挟むなどのトラブルを減らせます。
また省スペースから利用できる他バリアフリーであるため、高齢者や小さなお子さんにも扱いやすく、開口部が広くとれるので大きな荷物を運んだり、万が一の火災でも屋外に避難しやすくなっています。
現在では引き戸式の防火戸も多数登場しているため、住宅のスタイルや好みに合わせて選べるようになりました。
スチールなどを用いた金属素材に加えて、木材素材に防火性能を与えたものなど多彩です。
防火性能を持つスライド式ドアなら安心して生活できます。

引き戸タイプの常開式の防火戸のメリットとは?

引き戸タイプの常開式の防火戸のメリットとは? 防火設備は、建築基準法に規定が行われている建築物の内部で延焼を防止するために設置してある防火戸や防火扉を意味するものです。
ただし、延焼の防止以外にも延焼リスクの高い部分に設置しておくことは他の部分や隣接する建造物などへの火災を抑制させることが出来る利点があります。
なお、シャッター式の防火シャッターをはじめ、霧のカーテンを作り出すドレンチャー設備もしくは開放型スプリンクラーなども防火戸の一種に含まれるようです。
基本的には、戸は開いた状態になっている引き戸形式になります。
普段は、部屋などのくうかんとして利用するけれども、火災が発生した際に他に燃え移らないよう引き戸で空間を遮るのが常開式で、これに対して空間を予め仕切ってあるものは常閉式と呼ばれています。
常閉式の場合は、壁自体が防火設備としての役割を持つのが特徴ですが、デメリットは空間を区切っているため広いスペースで使うことができない点です。
これに対して常開式は引き戸タイプになっていて、普段は戸自体が収納内に収まっているため空間をより広く利用できるメリットがあるわけです。
ちなみに、特定防火設備の規定の中には、火炎を受けたとしても1時間以上それが貫通しない構造といわれています。

防災には欠かせない安全対策の防火戸と掛かる費用

会社の建物や各種施設や病院、ホテルや商業施設では、防火戸を設置することが義務化されています。
火災が発生した際に扉を閉めることで炎や煙をシャットアウトさせ、安全な経路で脱出することを目的にしているものですが、防火戸の費用は各メーカー品による違いと、厚みや構造と品質の違い、サイズや設置場所の要件による違いが出ていますが、平均すると1枚で30万円から50万円台が妥当な範囲としています。決して安い費用ではありませんが、人の命を優先させるためにはできるだけ高品質な防火戸を取り付けることで被害を最小限にすることができます。防火戸は1度設置をするとそれでお終いということではなく、設置後も定期的なメンテナンスが必要とされます。自動的に開閉させるタイプであれば尚更点検は必須となり、常に正常に作動するようにしておくことも欠かせない設置者側の義務です。もしも老朽化している場合では、交換作業を行う会社も存在しているので、この場合ではドアの料金と施工料だけで済ませられます。

防火戸の設置には補助金を利用することができるのか

防火戸は、火災がおきた時に火が回ってしまうのを防ぐ効果が期待できる戸のことですが、防火設備として設置する場合、その戸は行政で定められている基準を満たしていなければなりません。しかし、火災の時に効果が期待できる戸ではありますが、最初から住宅などに取り付けられているかといったらそうとは言えないのが実情です。そのため、リフォームの時などに防火戸に付け直すなどして、家の防火設備の能力を充実させている人も少なくありません。ただ、防火戸自体、その能力が高くなればなるほど高額になる傾向となっています。そこで、必要な箇所に設置する経済的な負担を軽減するため、補助金が設けられています。
とはいえ補助金制度は存在していますが、どのような場合でも利用できるというわけではありません。利用できる条件がしっかりと設定されているので、できるだけ負担を軽減したい場合は、まずは条件を満たしている防火戸を設置するようにしなければなりません。

危険を防ぐ防火戸「防火窓」のデメリットとは

「防火戸(ぼうかど)」とは、建築基準法に規定されている防火設備の一種で、「防火扉」や「防火ドア」とも呼ばれています。板ガラスの表面や間に金網が入れられている窓ガラスは「防火窓」と呼ばれます。これも防火戸の一種です。
通常のガラスは、火災などで高温にさらされると徐々に膨張して、やがて割れてしまいます。割れたところから入り込む空気は、延焼被害を拡大したり、火災現場で起きる爆発現象「バックドラフト現象」を引き起こしたりする原因にもなりかねません。防火窓は金網によって、ガラスの膨張や破損を防ぎます。窓や玄関ドアなどに防火窓を設置すれば、危険を最小限に抑え、建物内に炎を抑え込むことができるのです。ただしデメリットもあります。それは、「高価である」「防犯性が特別高いわけではない」ということです。防火設備としての機能を証明するための検査や認証、使われる素材や製造の手間から、防火窓はとても高価になっています。通常の窓サッシと比べると価格は1.5~2倍します。
また、金網が入っていることから誤解しがちですが、窓ガラス自体の強度は上がっていません。外から強い衝撃を与えられると簡単に割れてしまいます。網が入っているぶん断面が小さく、通常のガラスよりも簡単に割れてしまう、という意見もあります。金網自体も比較的簡単に切り取れてしまうため、外からの侵入を防ぐ効果は薄いそうです。

建物内における防火戸の見分け方を覚えておこう

建物内で火災が起きた時に、内部にいる人が安全に避難ができるように補助するのが防火戸です。この防火戸は耐衝撃と耐火性能に特化させ、摂氏100度を超える温度や震度7以上でも耐えられるように作られているのが特徴です。この防火戸は災害対策のために、ビルやマンションなど多くの人々がいる環境下において設置が義務付けられています。ただ建物を利用する人の多くで、この防火戸を意識する人は少ないです。その理由として建物内の雰囲気を壊さないために、設置する際に同じ色にするからです。
わからない状態だといざというときに避難がスムーズにできないので、そこで事前に見分け方を覚えておく必要があります。見分け方は、この扉はあくまで避難誘導が目的なので必ず目印がついているようにしています。目印の例としては、日本固有の情報伝達法注目されているピクトグラムを活用した絵が扉の上に設置されているのです。そのほかには扉の正面に、赤い三角マークや避難の文字が書かれているので見分けることができます。

安全を守るために知っておきたい防火戸の耐用年数とは

防火性能を持っている防火戸には火災が起きた時に火が広がるのを防ぐ効果がありますが、耐用年数はどのくらいだろうという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
もし耐用できる期間があるのなら、それを過ぎてしまった場合安全が脅かされることも考えられるからです。防火戸の耐用年数に関して、現在のところ法律では特に定められていることはありません。そのため一定期間が過ぎたら交換しなくてはならない、といった決まりはないのが現状です。とはいえ一説には防火戸は、およそ8年から15年ほどが耐用に向く期間であるともいわれています。万が一の火事のときに建物の延焼を防ぐという大切な役割を担っている扉であることを考えると、あまりに古くなった防火戸はいざという時のことを考えて対処しておいたほうが良いかも知れません。何事もなければ使用されることのない防火用の扉は、普段はあまり意識されることもないものですが、いざという時に使えなければ様々な被害が考えられるからです。

知っていると役立つ!防火戸の検査できる2つの職種

建築基準法第12条第3項で設置が義務付けられている防火扉は、火災が発生した際に延焼を抑止するもので正式には防火戸といいます。
火災検知器と連動して機能する防火戸は、施設の所有者や管理者によって定期的に検査しなければならず、これを怠ったり虚偽報告を行った場合は30万円以下の罰金を科せられます。
建築士と防火設備検査員の2つの職種のみが検査する資格を有していて、特に後者は防火設備定期検査制度に基づいて設立され、その内容を特定の行政庁に報告することが義務付けられています。
防火設備検査員の資格は、登録建築設備検査員講習を受講した上で修了考査で合格した後、修了証明書の交付を受けます。
次に検査員資格者証の申請手続きを国道交通省地方整備局を行います。学科・実技講習の2つがあり、最短で3日ほどで取得できます。
受講資格は、防火設備に関して11年以上の実務経験を有する、大学や3年制・2年制短期大学、高等専門学校に多いて建築・機械・電気工学などの課程を卒業する、地方公務員で火災予防業務に関して5年以上の実務経験が求められていて、人命を預かるだけあって高い基準を定めています。

防火戸の価格はどれぐらいなのかいちど調べてみよう

最近は工場や倉庫なども建築基準法に則り防火戸の設置が義務付けられているケースがあります。これは工場内や倉庫などで延焼を防ぐために必要なものでこの防火戸がありそれを閉めれば火災を沈静化させることができるだけでなく、大幅に被害を防ぐことができます。
特に他の建物等減少した場合や火災が大規模になった場合には鎮火するまでかなりの時間がかかるため、やはりこのような扉はとても大事になるわけです。
ではこの扉は一体どれぐらいの価格になるのでしょうか。これに関しては、大きさや種類によって大きく異なりますので、明確な金額が表示されているケースは少ないです。
設置費用なども合わせて会社に見積もりを取るしか方法はありません。見積もりを取る場合には、1つの会社に依頼するだけでなく2つ以上の会社に依頼すると金額の相場に近いものがわかってきます。
これを知ることで、結果的に安全性が高まるだけでなく無駄なお金を減らすことも可能です。

短期間使いたいときだけおすすめの防火戸レンタル

防火戸のレンタルとは、費用を支払って設備を導入するのではなく、料金を支払うことで一時的に借りるタイプのサービスのことを言います。借りることができる期間は業者によって様々ですが、多くの場合は1日から利用することができ、最長では数週間にまでわたるものもあります。
防火戸のように導入費用がかかるものは悩むことも多いのではないでしょうか。そんな時こうしたサービスを利用すると、費用を抑えて必要な時だけ導入することができます。
防火戸をレンタルするメリットとしては、使う頻度の少ないものの導入にかかる費用を抑えることができるということが挙げられます。
こうした設備の中には年に数回しか使用しないものも多く、そうした場合には購入するよりも借りた方が良いと言えるでしょう。
また保管に場所を取るものをかりるのがおすすめです。保管のために余計なスペースを用意する必要がなくなり、敷地を有効に活用することができます。利用開始日や期間を指定すれば簡単に申し込むことができるので検討してみてください。

知っておきたい防火戸の設置基準についての基礎知識

防火戸はその名の通り火災時の延焼や拡大を防ぐ為に、外壁や内部の防火区画などの開口部分に設置された戸や窓のことを指しています。
防火戸は万が一の時に建物や人を守る為に必要な設備で、建築基準法によって期待されています。防災の為に、重要な設備で設置基準についても知っておきたい情報です。
防火戸を設置することで火災の延焼を防ぎ、一定程度の密閉性を空間に保つことが出来ます。そうすることで速やかな避難や、消火活動がスムーズに行えるなどのメリットがあります。建築基準法では外壁が延焼の恐れがある部分、つまり隣接する建物や敷地内にある建物へ火災が燃え移ってしまう危険性がある部分には設置が義務付けられています。
またたて穴区画と呼ばれる階段室や、エレベーターなどの昇降路吹き抜けがある部分には設置が必要となります。
その他安全に避難が出来るように、設置された避難階段にも必要です。他にも防火区画の外周部分であったり、地下街など設置の必要がある場所はたくさんあります。重要なのは万が一の際に、安全が確保出来る設備が整えられていることです。

特徴的な防火戸を製造している主要なメーカー

防火戸の製造を行っているメーカーはいくつかあります。高い信頼性が求められる設備であるだけに、導入する際には複数の企業を比べて最適なものを選ぶようにすると良いでしょう。
文化シャッターは、防火戸をはじめとした特定防火設備を製造している企業のひとつです。こちらのメーカーではステンレス製の耐熱強化ガラスが入った製品を製造しており、ビルなどの防火区画に設置することができます。
仕上がりがとても美しく、業界最大レベルとも言われる高さ3メートルまで対応できるのも特徴です。
田中サッシュ工業も、同じように耐熱強化ガラスを入れた特定防火設備を製造しています。特徴としては国土交通省認定の設備を製造していることで、告示に定められている防火試験をクリアしているのが大きな違いです。
ガラスには特殊なエッジ加工と超強化処理を施すことで、火災時でも内部を見通すことができます。万が一の火災時の救助活動にも効果が期待できるなど、空間の明るさを保ちたい時に最適です。

宿泊施設には防火戸を必ず採用して設置しよう

これから新しく宿泊施設の経営をしていきたいと希望している場合には、泊まりに来てくれた方たちが何不自由なく過ごせるように、徹底した安全対策をしていくことが非常に大切になってきます。
また、どのような対策をするのが一番ベストなのかと言うと、火災が発生してしまっても直ぐに隣の部屋に燃え移らないように、しっかりとした防火戸をすることです。
防火戸とは建築基準法に規定されている防火設備の一種であり、宿泊施設のような大人数が使用する環境である場合には必ず使用する義務があるとされています。
人の安全を第一に考えた設計を心掛けることが大切なので、万が一扉や戸を防火性の高いものにしていない場合、今すぐにでも業者に問い合わせて早めに取り変えるようにしていってください。
主な仕組みに関しては、扉を開けて人が出入りするとドアクローザーによって自動的に閉まるようになっています。
大きく開けてもロックはされず、手を放すだけで必ず閉まるように設計されているので安全性の高さに定評があることも納得と言えるでしょう。

防火戸の全焼事例から学ぶ!火災時の早期対応と避難経路の重要性

防火戸は火災時に重要な役割を果たし、建物内の人々の安全を守る役割を持っています。しかし、不適切な取り扱いやメンテナンス不足により、防火戸が全焼する事例が報告されています。
防火戸の全焼を防ぐためには、定期的な点検や清掃を行うことが重要です。メーカーの指示に従って戸の状態を確認し、防火性能を保つための適切なメンテナンスを行いましょう。
建物の改装やリフォームに伴う戸の取り扱いにも注意が必要です。建物の構造や使用状況が変わる場合には、取り付け位置や性能要件も変化する可能性があります。建築基準や消防法の規定に基づき、専門業者による適切な取り付けを行いましょう。
火災時の早期発見と鎮火活動の迅速化も全損を防ぐために重要です。適切な火災報知器や消火設備の設置・点検を行い、火災発生時の早期対応を確保しましょう。
また、建物内の避難経路や非常口の確保も欠かせません。適切な避難計画を策定し、避難経路を常に確保しておきましょう。
全損は、防火性能の低下や避難経路の封鎖といったリスクを引き起こします。そのため、適切な取り扱いと定期的なメンテナンスを行い、火災時に安全な避難を実現するための対策を講じることが重要です。建物の所有者や管理者は、防火戸の安全性を確保するために積極的な対策を行うことをおすすめします。

消防署と防火戸が火災予防と人命救助の二大要である理由とは

消防署は、予防活動を通じて地域の安全を守る役割を果たしています。定期的な予防点検や啓発活動を行い、火災の発生を防ぐための指導や助言を提供しており、緊急時には災害への迅速な対応や救助活動を行い、人命救助や被害の拡大を最小限に抑える役割を担っています。
防火戸は、建物内の火災の拡大を防ぐために設置される重要な防火設備の一つです。耐火性能があり、火災発生時には火の延焼を遅らせ、建物内の他のエリアへの広がりを防止します。通路や隔壁、避難経路などに設置され、建物内の重要な要素となります。
防火戸の適切な保守・点検が重要になります。定期的な点検や作業により、耐火性能や開閉機構の正常性を確認し、必要に応じて修理や交換を行うことが被害を最小限に抑えられる事につながります。専門知識を持った業者に依頼することが望ましいでしょう。
また、防火戸の正しい使用法についても理解しておきましょう。普段からしっかり閉めておく必要があり、火災発生時には速やかに閉めることで、火の延焼を防止し避難時間を確保できます。

防火戸は決められた場所に設置義務がある設備

防火戸は防火シャッターや防火扉とも呼ばれ、建物内で火災が発生した時に閉鎖することで、炎と煙をせき止め燃え広がりを防ぐ役目があります。一時的に扉が延焼を抑えることになり、避難するまでの時間を稼いでくれる大事な設備です。防火戸は建築基準法で設置義務が生じる場所がいくつか存在します。
外壁から延焼の恐れのある部分は、外壁の開口部から炎が噴き出すと様々な場所に延焼する可能性があり危険です。別の建物に火事の炎が燃え移らないよう、設置義務があります。
面積区画としては、100から1500㎡ごとに防火戸などで区画を区切る必要があります。扉によって水平方向へ炎が移動するのを防ぎ、避難人数をコントロールすることが可能です。
たて穴区画は縦方向に延焼が及ばないよう、階段室や階段室やエレベーターの昇降路などに防火戸の設置が当てはまります。ほかにも吹き抜けなどの縦穴部分や、避難階段と特別避難階段なども扉を取り付ける必要があります。

大手メーカーの防火戸は防炎効果が高いのが特徴です

旅館やホテル、ショッピングセンター、百貨店などのお店は建築基準法により火災が発生した時に燃え広がるのを防いだり、安全に避難をするために防火戸を設置しなければなりません。
従来の扉に比べると防炎機能に優れているため、火災が発生した時でも安全に避難をすることができます。 信頼できる大手メーカーの商品は、耐久性、耐火性、防炎性に優れたステンレス、耐久性のあるガラス素材などを使用しており電子錠が付いている商品が販売されています。
旅館やホテル、ショッピングセンターなどは、多くの人が利用しているので、火災が発生すると大災害に発展してしまいます。
信頼できる会社の商品は高品質で上質な素材を使用しており、燃えにくい素材を使用しているので、安全性が高いのが特徴です。
豊富な価格帯、サイズ、形状、デザインなどが揃っているため防火戸を設置することで多くの人の命を守ることができます。
建築基準法に基づいて作られているので、安心して購入できるのが特徴です。

防火戸の重要性とその役割を解説するお役立ちガイド

安全な生活空間を守るためには、防火対策が欠かせません。
その中心的役割を担うのが防火戸です。
火災が発生した際に延焼を防ぎ、住人の避難時間を確保するとともに、消防隊の初期鎮火活動を支援します。
防火戸は、炎や煙の進入を防ぐ密閉性と、一定時間耐火性を持つことが求められており、建築基準法によって特定の建築物には設置が義務づけられています。
この防火戸には、防煙の効果もあり室内環境の維持に寄与します。
防火戸の設置箇所は、階段室や廊下、エレベーターホールなど火災発生時の避難路となる場所に限られることが多く、これらは建物内の安全確保に不可欠です。
各種防火戸では、閉鎖機能に加え、避難時の利便性も考えられています。
例えば、自動で閉まる機能を持つものや、一定の熱を感知して閉じるものなど、様々なタイプがあります。
メンテナンスも重要で、定期的な点検や修理が求められているため、専門家による確かな対応が必要とされています。
火災から命を守り、財産を保全するためには、防火戸の適切な選定と管理が不可欠です。
この記事を通じて、皆様の安全な住環境作りに役立つ情報を提供したいと考えています。

安心と安全を守る住まいの要:防火戸とその対炎性能についての徹底解説

私たちの生活の中で、安全は最も重視されるべき点です。
特に住まいにおいては、外部からの危険を防ぐための対策が必要不可欠です。
その中でも、防火戸は火災から守るうえで重要な役割を果たしています。
防火戸は、何層もの耐火材料で構築されており、炎の進入を防ぎます。
また、煙や有害なガスの拡散も抑えるため、火災発生時に安全な避難をサポートする機能を持っています。
一般的に防火戸は建物の玄関や非常口に設置されることが多く、火災発生時には避難経路としての役割も担います。
このため、建築基準法や消防法において設置基準が定められており、対炎性能を満たした防火戸を選ぶことが求められます。
対炎性とは、素材がどれほど炎に対して抵抗力があるかということを示す重要な指標です。
災害に強い住まい造りでは、耐火性能に優れた建材を選ぶことが肝心です。
防火戸を選ぶ際には、表面の仕上がりだけでなく、その性能や耐用年数も重要な判断基準となります。
さらに定期的な検査やメンテナンスを行い、常に適切な機能を保つことも大切です。
安心できる住環境を手に入れるためにも、防火戸の選び方、そのメンテナンス方法を知ることは、私たちにとって役立つ知識と言えるでしょう。
今後も安全対策として、また快適な住み心地を追求するための一助として防火戸の重要性は増すことでしょう。

安心の住空間を守るために必要な防火戸の点検とその重要性についての解説

私たちの住む空間において、防火戸は命を守るための最後の砦です。
防火戸は建物内に火災が発生した際、延焼を防ぎながら避難時間を確保する役割を果たしますが、それが果たされるためには定期的な点検が不可欠です。
点検は防火戸の性能を保つだけでなく、故障や劣化が進んでいる場合には、それを修理または更新することで、安全性を継続的に高めることができます。
点検を行う際は、ドアがしっかりと閉まること、防火性能を示す表示が確認できること、火災時に自動で閉まる機能が作動すること、などをチェックポイントにしてください。
また、防火戸は、ただ単に火から命を守るだけではありません。
防音や断熱といった機能も有しているため、生活の快適性向上にも寄与しています。
そのため、防火戸を最適な状態に保つためにも、専門家による定期的な点検が求められるのです。
防火戸の種類には、メンテナンスの手間が少ないものから耐火時間が長いものまで様々があります。
それぞれの建物の用途や規模に合わせた適切な防火戸を選び、専門的な知識を持ったプロフェッショナルによる点検を定期的に行うことは、住む人々の安全を守るためにも欠かせません。
まずは、お住まいの建物について、防火戸の設置状況や点検頻度を確認し、適切なメンテナンスプランを立てることをおすすめします。

安全な住環境を実現するための防火戸と防火設備に関する知識と活用法

住まいを探す際に重視されるのは、交通アクセスや家賃などの生活便利性ばかりではありません。
安心して日々を送るためには安全性も重要な要素です。
火災は予期せず起こりうるものであり、特に集合住宅では一層の配慮が求められます。
その際に不可欠なのが防火戸と防火設備です。
防火戸は、火災の発生を抑えるための物理的障壁となり、炎や熱、煙を遮るために設計されています。
一方、防火設備とは、スプリンクラーや煙感知器、非常通報装置などを指し、これらは火災発生時の被害拡大を未然に防止するための機能を持ちます。
特に防火戸は必ず複数の避難路に配置され、避難の際の炎の進行を抑制する役割を担い、生命を守る最後の砦となります。
マンションを選ぶ際には、防火戸の設置状況や防火設備の有無を確認し、それらのメンテナンスがしっかり行われているかをチェックすると良いでしょう。
安全に配慮した住環境を選ぶことは、快適な生活だけでなく、いざという時に自分や家族を守るために非常に重要です。
この記事では、防火戸と防火設備についての基礎知識や選定のポイント、日常の注意点などを詳しく解説し、安全な住環境の実現へのお手伝いを目指します。

防火戸と防火ドア・防火扉には何か違いがある?

皆さんは「防火戸」「防火ドア」「防火扉」という用語を耳にしたことがあるでしょうか。
これらは、火災発生時に炎や煙の進行を遅らせることを目的とした、建物に設置される安全装置です。
しかし、これらの名称が示唆するように、僅かですが用語によって意味の違いが存在します。
まず「防火戸」とは、壁に設置されるドアのような形状をしており、火災の際に延焼を阻止するための建材です。
主に鋼製やアルミ製で作られており、内蔵された耐火材により火の進行を遅らせます。
次に「防火ドア」と呼ばれるものは、主に建物の逃げ道となる場所に設置されるものであり、特に開放時の安全に配慮されている点が特徴です。
これらには自動で閉鎖する機能が備わっており、緊急時にも迅速な避難を支援します。
最後に「防火扉」とは、壁や床に設置される比較的小さな扉で、電気室や機械室など特定の小区画を火災から守る役割を担います。
これら三つの違いを正しく理解し、建物の用途に応じた選択をすることが不測の事態への備えとなります。
日頃から適切な防火対策を講じることは、私たちの生命と財産を守るために欠かせない行動です。

防火戸についてはコチラもチェック

防火戸はやっぱり引き戸が安心

新着情報

◎2024/5/16

情報を更新しました。
>防火戸の重要性とその役割を解説するお役立ちガイド
>安心と安全を守る住まいの要:防火戸とその対炎性能についての徹底解説
>安心の住空間を守るために必要な防火戸の点検とその重要性についての解説
>安全な住環境を実現するための防火戸と防火設備に関する知識と活用法
>防火戸と防火ドア・防火扉には何か違いがある?

◎2023/7/25

情報を更新しました。
>宿泊施設には防火戸を必ず採用して設置しよう
>防火戸の全焼事例から学ぶ!火災時の早期対応と避難経路の重要性
>消防署と防火戸が火災予防と人命救助の二大要である理由とは
>防火戸は決められた場所に設置義務がある設備
>大手メーカーの防火戸は防炎効果が高いのが特徴です

◎2022/9/21

情報を更新しました。
>知っていると役立つ!防火戸の検査できる2つの職種
>防火戸の価格はどれぐらいなのかいちど調べてみよう
>短期間使いたいときだけおすすめの防火戸レンタル
>知っておきたい防火戸の設置基準についての基礎知識
>特徴的な防火戸を製造している主要なメーカー

◎2021/11/29

情報を追加しました。


>防災には欠かせない安全対策の防火戸と掛かる費用
>防火戸の設置には補助金を利用することができるのか
>危険を防ぐ防火戸「防火窓」のデメリットとは
>建物内における防火戸の見分け方を覚えておこう
>安全を守るために知っておきたい防火戸の耐用年数とは

◎2021/6/24

防火戸の詳細と必要なケース
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

フィルムで手軽に防火戸に
の情報を更新しました。

◎2021/1/25

防火戸用レリーズの種類
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「引き戸 リフォーム」
に関連するツイート
Twitter

特注の引き戸がようやく完成して リフォーム終了✨️✨️ 気になるあの子たちとの お見合いの日取りももうすぐ🐾 命を預かるのだから 幸せになってもらいたいし 一緒に楽しく過ごしたい そのために まだまだ準備は必要だし お仕事も今まで以上に 頑張らないと✨️٩(◜ᴗ◝ )۶✨️

/ メルカリ人気商品✨ \ 昭和レトロ 組子欄間 書院障子 建具 衝立 引戸 ガラス戸 リフォームインテリア 詳細をチェック▼▼▼

返信先:こないだいい忘れてたけど、リフォームでドアまで帰れるなら可能な限り引き戸に変更したほうが後々楽だよ

おうちのリフォーム 主に床板と引き戸レールなんだけど、台所の床全体を張り替えることになり、全てベニヤ板のスペースになったら、すごく気分いい これから後日クッションフロア貼る 新しいやつでキレイな色 大工さんに、よくこんな所に住んでたね、、みたいなこと言われたって そりゃそうだ😂

アメブロを投稿しました。 『間仕切り引き戸